スキルを発揮するために必要なオフの時間の過ごし方

一つの同じゴールを目指し、個々の能力を複数のメンバーが最大限に発揮しつつ、一丸となって進んでいく――そうしたチームをまとめる手法や、効果的な組織づくりを「チームビルディング」といいます。「チームビルディング」は、よくビジネスの研修で用いられていた手法ですが、スポーツの現場でも近年活用されるようになりました。

本書は、「チームビルディング」の手法を詳しくスポーツの現場で導入するためのメソッドが紹介されている1冊です。「Foot x Brain」という番組で紹介されていて、興味があったので読んでみました。

「いいチームとはいい選手が集まっているチーム」という記述が本書の中にあります。それでは、いい選手とはどんな選手なのでしょうか。

いい選手を構成する要素は「間接的スキル」と「直接的スキル」の2つに分けられるといいます。「直接的スキル」とは、サッカーそのものをプレーする上で必要となるスキルで、サッカー特有の戦術、体力、テクニックなどのスキルの事を指します。

一方、「間接的スキル」とは、集団行動(チームプレー)を行う上で必要となるスキルのことで、「コミュニケーション」「他者・自己との関係性」「精神力」「課題解決」など日常に必要なスキルの事を指します。

サッカーを普段観ていると、いい選手かどうかを「直接的スキル」をだけで判断しがちですが、円滑に直接的スキルを発揮できるかどうかは、間接的スキルによるところが実は大きいというのです。そして、チームビルディングが間接的スキルを鍛えるためのトレーニングなのです。

1回の練習時間(オン・ザ・ピッチ)はサッカー選手の場合、1時間半から2時間ほどです。つまり、直接サッカーとは関わらない「オフ・ザ・ピッチ」の時間に22時間はなります。「オフ・ザ・ピッチ」の時間の方が長いのです。

従って、当然、練習時間の限られた中で何が出来るかは大切なことではありますが、何時間寝たのか、何を食べたか、毎日気持ちがリフレッシュできているかなど、サッカー以外の圧倒的に長い時間をどう過ごすかがとても重要なのです。

社会人でもこれは一緒です。成果を仕事で出そうとすると、働いている時間ばかりどう過ごすか気を取られがちですが、仕事から離れた時間を充実させることで、実際には、前向きな仕事に対する気持ちを持てるようになることがありますし、逆もしかりです。

会社勤めをしている人間のほうがむしろ、どう仕事以外の時間を過ごすかを軽視しているんじゃないかと、本書を読んでいて感じました。

最後に「組織を束ねる5つの法則」について、本書に書かれていることを紹介します。

・ミーティング、練習、試合での会話力を高め、シンプルに必要な情報を誤解なく正しい優先順位で伝えること
・魅力的な選手の価値観に基づいた目標、現実的で達成可能な目標を立て、それにチーム一丸となって立ち向かっていくこと
・互いの信頼を「共通体験」「価値観」「チームメイトへのリスペクト」の積み重ねで、築き上げていくこと
・常に役割と目的を意識し、チームの中で価値ある存在であり続けようとする責任感の強さを身につけること
・個人の課題解決力がベース、その力をさらにチーム内でも発揮できるような集団活動スキルを高めていくこと

本書に書かれているメソッドは、実際のスポーツの現場で実践できる手法で、特別な道具を必要としないものが多いです。しかし、実践しただけで満足せず、継続して取組むことで、チームの力を高めていくことが重要だと思います。

チームビルディングの必要なリーダーシップとは?成功へ導く手法を教えます!うまくいかないチームのマネージメントもチームビルディングという手がありますよ!知らないと損!今注目手法のひとつチームビルディングをご存知ですか?さまざまなチームビルディング手法のなかから、企業の問題点にあった最適な手法で成果に変えます。チームのひとりひとりの役割を発揮するマネージメントをいたします。組織変革に必要なチームビルディングについてはこちら